TYPO3のサポートをしていると

TYPO3レクチャーを受けました

と言っても、日本のクライアントの母体のドイツ企業のTYPO3レクチャーですが。

TYPO3に関わっていると、時々、海外の方も交えて、TYPO3の使い方的なレクチャーを受ける機会があります。

本日も、日本時間15時からなので、ドイツだと午前7時頃かと思いますが、世界各国同時のミーティングなので国によっては寝ている時間とかになるのかと・・・。
今回受けたレクチャーは、ウェブサイトのリニューアルに伴い、TYPO3のバージョンアップも含め大きな改修となったようで、バックエンドの基本的な使い方から、独自機能の説明もありました。

これまでのTYPO3だと少々複雑すぎて、修正する箇所によって何を触ればいいのか調べないとわかりづらかったのが、リニューアルによって使い勝手も含めてシンプルになり情報も整理されてわかりやすくなっていました。

ただ、全編5時間ほど聞いていたので疲れましたが・・・。

TYPO3は複雑なことまで様々なことが可能ですが、せっかくのCMSですからやはり更新の簡単さも必要かな、と思ったミーティングになりました。

 

このように、海外で構築されたTYPO3のサポートも必要に応じて、我々がサポートできますので、なんらかのご事情によりTYPO3を使わなければならないけど、見たことも聞いたこともないとお困りでも、強力にバックアップ可能なので、お気軽にお問い合わせいただければと思います。

 

 

コメント

コメントはありません

コメントを書く

* 項目に入力してください